なんとか車の修理費を安く仕上げたい

車の修理を安く済ませる方法とは

>

板金塗装について知ろう

修理のパーツや塗装方法で差が出る修理費

自動車の板金塗装はボディのへこみや傷を修理する方法です。修理金額の相場としてはフェンダーやドアなどブロックごとの修理費用になるので、5万円以下位の金額ですが、ちょっとした部分的なものであれば、1万円以下でできるものもあります。自動車のシャシ(Chassis)といって車体のを除いたすべての基本的構成部分を指す言葉ですが、修理内容がここまで影響している場合はまた修理内容も金額も違ってきます。
ボディの修理の場合は場所によってシャシに結合されていたりしている場合は交換ができませんが、バンパーやボンネットやドアなどは比較的容易に交換が可能です。
ルーフやタイヤの外側を覆っているリアフェンダーなどはタイヤによる汚れや土砂などの飛散からボディーを守るためにかなり強固に溶接で結合されていますから通常交換でなく板金塗装になります。
実際一つのパーツで2万以上4万以下が相場です。

修理工場を使うメリット

修理工場ではリサイクルパーツといって廃車から再生したパーツを使用することによってかなり修理費を安くしています。
リサイクルパーツは「リユース」と「リビルト」があります。
どちらも廃車から取り出すのですがリユースは取り外したものを綺麗にして使う、リビルトは更に部品交換したり、再度組み立てをしたりして新品同様にするため若干リユースより金額は高めです。
ですが、新品よりはずっと安く、価格としては1/2から1/8位にまで抑えることが出来ます。
この割合は全てに当てはまるのではなく、車種によって、部品によって違ってきますが、安いことだけは確かです。
デメリットとしては特にリビルト品はまだまだ部品が少なくすぐには入手できないことも多いようです。
特にリユース品に関してはその品質がメーカーによって安定してなく保証がないという事は理解しておきましょう。


TOPへ戻る