なんとか車の修理費を安く仕上げたい

車の修理を安く済ませる方法とは

>

高い理由や安い理由を知ろう

実際どの程度高いのでしょうか

実際車の修理が必要になった時の選択肢として、車用品専門店、ディーラー、整備工場などがあります。
まずはネットなどから、金額の詳細調べて決めると思いますが、わからない場合もありますね。
一般的にはディーラーは高いと言われています。
ディーラーとはそもそも、新車や中古車を販売する販売店を言います。
中でも特定の自動車メーカーと契約を結んだ販売業者です。
ですので修理は本業とは言えませんが、大手であれば板金などができる施設を保有しているところもあります。
ディーラーには、自社の車に責任を持ち、スキルの面からも接客対応の面から言ってもかなりのレベルが要求されます。
また依頼された修理箇所以外も点検し、支障がある場合はその部分の指摘がされ結果的に他の部分の部品交換も加算され費用が上乗せされたと感じることがあるかも知れませんね。

使う部品の違いはあるか

修理工場との一番の違いで、価格にも影響するのは、交換部品になります。
ディーラーの場合は純正パーツに拘り、修理工場は純正パーツには拘りませんからそこで価格に大きく差が出るのですね。
純正品と社外品や中古品は価格に3割以上または、場合によっては5割も差が出る場合があります。
内容的に違いはどうなのかという部分を考えると、実際そんなに差はないと聞きます。
ですが、新品は部品が入手しやすく、部品が揃わない心配はありませんし、品質はやはり安定しているとも聞きます。
ディーラーは使う部品に関して会社が公認して責任を持ち、耐久テストも一応しているから安心感があります。
しかしやはりその分価格的には高く、改造車の修理受付はしません。


TOPへ戻る